ヤンオセ秋季大会初戦敗退も収穫あり

2013.09.22

ヤングオセアンBC横浜栄の秋季大会が21日、深谷通信隊内横浜旭グランドにて行われました。相手は、秋夏西関東支部優勝(春夏全国出場)の横浜ヤング侍さんでした。

さすが優勝チームと関心している間に試合が終わってしまいました。

ヤング侍 117 5  14

オセアン 000 0  0   

*大会規定により4回コールド

(侍) 大江、金沢-望月

(オセアン) 柴田、青柳‐若松優

試合は初回オセアンバッテリーエラーで先制されます。2回にも1点を追加され2回を終了し2対0。オセアン打線は相手エース大江選手の前にまったく手が出ない状況。さすが東日本屈指のサウスポーです。オセアン1年生陣は、打席からベンチに帰ってくる顔を見ていると目がテンになってました。

3回侍打線につかまり、一挙7点を追加され9対0。

1年生戦士達は相手打線の打球の速さにビックリしている状態でした。

試合が終わってみれば14対0の4回コールド負けでした。

1年生にとってみれば3年生との初めての対戦が全国大会常連チームというのはかなりキツイものだと思いますが、凄く貴重な経験ができたと思います。

侍スタッフ・選手の皆様有難うございました。特に手加減なしという戦い方には感謝の気持ちでいっぱいです。

1年生は2年後侍選手達を上回れるチームになれるよう日々努力し頑張りましょう!!

ヤングリーグ関係者・グランド提供をしていただきました、横浜旭ベースボールクラブの皆様・横浜ヤング侍スタッフ・選手の皆様有難うございました。